なぜADSLから光に乗り換える必要があるの?

 

動画や大容量の画像など、インターネットやメールで大量データを扱う場面が多くなってきました。

 

特に、大容量データを高速通信で送受信する場合、ADSLでは時間が掛かってしまいます。

 

そこで、今人気が高いのが光通信です。

 

プロバイダーにもよりますが、回線スピードは最大100Mbps程度なので、超高速でインターネットを楽しむことができます。

 

また、高速回線を活かして、高画質のオンラインゲームを楽しんだり、オンデマンドビデオや映画を見たりすることができ、ストレス無く滑らかな映像を楽しむことができます。

 

光通信の特徴は、従来のADSLよりも高速通信を実現していることはもちろん、その初期費用や設定、月額費用もADSLを凌駕することです。

 

ADSL同士で乗り換えを行う場合、契約中のADSLを解約してから他の会社に移行する時は、NTTの中での回復工事が必要です。

 

しかし、光通信は専用の光ファイバーを家の中に引き込むため、既存の電話回線やADSL回線を必要としません。

 

つまり、ADSL同士の乗り換えとは異なり、サービスを中断することなく、開設後すぐに光通信でインターネットを利用できます。

 

光通信へ乗り換える際の費用は各プロバイダーにて異なるものの、多くの場合は通常数万円かかる初期工事費が無料になったり、低価格で行ってくれるキャンペーンがあります。

 

さらに、インターネットからの申し込みなら、数ヶ月分の利用料金が無料になる場合があります。

 

そのため、実質的に1年程度利用料金が無料というケースがあり、ADSLから乗り換えた方がかなりお得と言えるのです。